be動詞の文の否定文

スポンサードリンク




LINEで送る

be動詞の文の否定文

A「否定文」

 

「be動詞の文」の否定文のつくり方

『be動詞 + not

 

例文
1 I am not a Japanese boy.
「私は日本人の少年ではありません

 

2 He is not my friend.
「彼は私の友達ではありません」

 

3 You are not from Canada.
「あなたはカナダの出身ではありません」

 

4 Tom is not playing tennis now.
「トムは今テニスをしていません」

 

5 Jane was not listening to the radio.
「ジェーンはラジオを聴いていません」

 

6 There were not lots of people in the park.
「公園にたくさんの人がいませんでした」

 

7 He is not as tall as my father.
「彼は私のお父さんと同じくらいの身長ではありません」

 

8 The machine was not made in Japan.
「その機械は日本製ではありません」

 

このように全て「be動詞の後ろにnotを入れる」で解決してしまいます。

 

たとえ単元が違っていても文の中に「be動詞」さえ入っていればこのルールは使えるのです。
分かりましたね?

 

次はbe動詞の文疑問文と答え方

スポンサードリンク


LINEで送る