中2の総復習 part1(助動詞) 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

中2の総復習 part1(助動詞)

前回の復習

(基本)

前が肯定文, 否定形 + (主語の)代名詞?
前が否定文, 肯定形 + (主語の)代名詞?


例)

  • 1.You get up early, don't you?

    (あなたは早く起きますね)


  • 2.You don't study English, do you?
    (あなたは英語を勉強しないのですね)

  • 3.Tsutomu went to America, didn't he?
    (ツトムはアメリカへ行きましたね)

  • 4.Kumi didn't work hard, did she?
    (クミは一生懸命働きませんでしたね)

  • 5.You can swim very fast, can't you?
    (あなたはとても速く泳げますね)

  • 6.They shouldn't do such a thing, should they?
    (彼らはそんなことをするべきではないですね)

(例外)

 

命令文, will(won't) you?
Don'tで始まる命令文, will you?
Let'sで始まる命令文, shall we?

  • 7.Get up soon, will(won't) you?

    (すぐに起きなさいね)

  • 8.Don't be late for school, will you?

    (学校に遅刻してはいけませんからね)

  • 9.Let's go on a picnic, shall we?

    (ピクニックに行きましょうね)

中2の総復習 part1 助動詞

今回から中2で勉強した内容の総復習を行います。

「練習問題&解答解説」という形式で進めていきます。

問題

次の文を同じ内容になるようにカッコ内に適語を入れなさい。

 

(1) I will call my sister.
=I (   )(   )(   ) call my sister.

 

(2) She could swim very fast.
=She (   )(   )(   ) swim very fast.

 

(3) He must leave for Osaka.

 

=He (   )(   ) leave for Osaka.

 

(4) Don't eat too much.

 

=You (   ) eat too much.

 

(5) Please help with my homework.

 

=(   )(   ) help me with my homework?

解答・解説

(1) I will call my sister.

=I (   )(   )(   ) call my sister.


上の文の意味は

「私は姉(妹)に電話をするつもりです」です。


この文の中で「will」という助動詞が使われています。

この「will」と同じ意味で書きかえられるのは「be going to」です。


主語が「I」なので使うbe動詞は「am」にする必要があります。

正解:I ( am )( going )( to ) call my sister.

 

(私は姉[妹]に電話をするつもりです)

※ will = be going to


(2) She could swim very fast.

=She (   )(   )(   ) swim very fast.


この問題もよく出る基本問題になります。うえの文の「could」が助動詞になりますが、ここで一つ注意が必要があります。
「could」は「can」の過去形だということです。
また、「can」の書きかえは「be able to」になりますが、今は過去形の「could」が使われていることから使うbe動詞は「was」にすることを忘れないで下さい。

正解:She ( was )( able )( to ) swim very fast.

 

(彼女はとても速く泳ぐことができました)


  ※ can = be able to

(3) He must leave for Osaka.

 

=He (   )(   ) leave for Osaka.


この問題もよくテストで出されます。
「must」は「しなければならない」という意味になっています。


「must」は「have[has] to」で書きかえができます。
今の場合は主語が「He」で三人称単数になっているので、has toを使います。


正解:He ( has )( to ) leave for Osaka.

 

(彼は大阪に出発しなければならない)


※ must = have[has] to

※ mustには「〜に違いない」という意味になる時もあります。 
例)He must be tired.(彼は疲れているに違いない)




(4) Don't eat too much.

 

=You (   ) eat too much.


この問題は公立高校の入試問題で出題されることが多いです。
「Don't」で始まる文は『命令文』でした。上の文の意味は


「食べ過ぎてはいけません」


となります。「too much」というのは「あまりにもたくさん」という意味です。これと同じ意味の書きかえが助動詞にありました。それは(3)で出てきた「must」と使ったいい方でした。


「Don't + 命令文」 = 「You must not(mustn't)」


この言い方を覚えていましたか?


「must」 → 「〜しなければならない」「〜に違いない」

「must not」 → 「〜してはいけない」


は大切ですから忘れていた人はここで覚えてしまいましょう。
ここの問題ではカッコが一つしかないので、短縮形を使います。


正解:You ( mustn't ) eat too much.

 

(あなたは食べ過ぎてはいけません)


※「You must not(mustn't)」=「Don't + 命令文」




(5) Please help with my homework.

 

=(   )(   ) help me with my homework?


最後の問題も「Please」がついていますが命令文の問題です。
「Please」で始まる文の書きかえというのもありました。


「Please + 命令文」 = 「Will you 〜?」


という形です。


「Please 〜.」 → 「〜してください」

「Will you 〜?」 → 「〜してくれませんか」


このように同じ内容を伝えています。
全文を書きかえる問題の時には「Will you」は最後がクエスチョンマークになることに注意してください。


正解:( Will )( you ) help me with my homework?

 

(私の宿題を手伝ってくれませんか)


   ※「Please 〜.」=「Will you 〜?」


スポンサードリンク


LINEで送る