中2 1学期中間テスト対策 part2 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

中2 1学期中間テスト対策 part2

前回は「1学期中間テスト対策 part1」で過去形や過去進行形の文を中心に書きかえ問題と英作文の解説をしました。今回は「1学期中間テスト対策 part2」ということで「look」の使い方と単語の発音・アクセントを解説していきます。

中2 1学期中間テスト対策 part2

一 次の日本文を英語に直しなさい。
1.あなたの自転車は新しい。
2.あなたの自転車は新しかった。
3.あなたの自転車は新しそうに見える。
4.あなたの自転車は新しそうに見えた。

5.あなたは(あなたの)自転車を見ました。




二 次の各組で下線部(赤文字)の発音が同じものには○を違っているものには×を書きなさい。


1.key , keep


2.during , hungry


3.gave , vacation


4.both , cold


5.white , find




三 次のそれぞれの単語で最も強く発音する部分を記号で答えなさい。


1.yes-ter-day
   ア イ ウ


2.Aus-tra-lia
   ア  イ  ウ


3.va-ca-tion
  ア イ  ウ


4.al-ways
  ア イ


5.um-bre-lla
  ア  イ  ウ

 

解答・解説

一 次の日本文を英語に直しなさい。


下の文はどれも似たような表現で紛らわしいものです。しかしこれらを迷わずに使い分けられるようになれば英語の理解が深まります。


考え方

日本語と英語では語順が違います。日本語を見てそのまま英語の単語に直していくのではなく、英語なりの並べ方を考えていくことが大切です。


1.あなたの自転車は新しい。

 

 

あなたの自転車は新しい(です)」

 


あなたの自転車は / です / 新しい」     

Your bike / is / new.」


正解:Your bike is new.




2.あなたの自転車は新しかった。

 


あなたの自転車は / でした / 新しい

 


Your bike / was / new.」


正解:Your bike was new.


※1番の文を過去形にした文です。




3.あなたの自転車は新しそうに見える。

 


あなたの自転車は / 見える / 新しく

 


Your bike / looks / new.」


正解:Your bike looks new.


解説

ここの使い方「〜に見える」が今回のポイント。「look + 形容詞」で「〜に見える」という意味になる。


しかし、この問題の場合、主語が三人称単数なので「looks」になることに注意。テストの場合はたいていこのような注意が必要になる。




4.あなたの自転車は新しそうに見えた。

 


あなたの自転車は / 見えた / 新しく

 


Your bike / looked / new.」


正解:Your bike looked new.


解説

この問題は3番の文を過去形にしたもの。「looked + 形容詞」にすればよい。




5.あなたは(あなたの)自転車を見ました。

 


あなたは / 見ました / あなたの自転車を

 


You / looked at / your bike.」


正解:You looked at your bike.


解説

この問題を付け足したのは「look」と「look at」の違いを理解してもらいたかったからです。「look + 形容詞」は「〜に見える」。「look happy」のように使って「幸せそうに見える」となります。


それに対して「look at + 名詞」は「〜を見る」という意味で「I looked at the map.」(私はその地図を見ました)のように使い、“実際にものを見る”の違いがあります。


どちらも「look」という単語を使いますが、「見える」と「見る」の違いがあり、「見える」の場合は後ろに「形容詞」を、「見る」の場合は「at」という前置詞がついて、その後ろに「名詞」がくることに注意です。




二 次の各組で、下線部の発音が同じものには○を違っているものには×を書きなさい。


発音の問題は苦手な人が多いです。単語を覚えていくときに発音もしっかり確認して覚えていくようにしましょう。


1.key , keep


key(キー)→ 下線部「イー」


keep(キープ)→ 下線部「イー」


答え 




2.during , hungry


during(デュアリング)→ 下線部「ュ」


hungry(ハングリー)→ 下線部「ア」


答え ×




3.gave , vacation


gave(ゲイブ)→ 下線部「エイ」二重母音


vacation(ヴェイケイシュン)→ 下線部「エイ」二重母音


答え 




4.both , cold


both(ボウス)→ 下線部「オウ」二重母音


cold(コウルドゥ)→ 下線部「オウ」二重母音


答え 


解説

「both」を「boss」(ボス)と間違える人が多い。
「cold」を※「コールド」と読んで「オー」と間違える人が多い。




5.white , find


white(ワイトゥ)→ 下線部「アイ」二重母音


find(ファインドゥ)→ 下線部「アイ」二重母音


解説

「フィンド」と読まないように。




三 次のそれぞれの単語で最も強く発音する部分を記号で答えなさい。


アクセント問題も苦手な人が多いところです。これも単語を覚えるときに意識してアクセントの部分を強く読みながら書いて覚えていくようにすれば自然と身につきます。


1.yes-ter-day
   ア イ ウ


発音「イエスタデーイ」となり「イエス」の「エ」を強く読みます。


答え:




2.Aus-tra-lia

 

ア イ ウ


発音「オウストレィリアー」となり「レィ」の部分が強い。


答え:




3.va-ca-tion
  ア イ ウ


発音「ヴェイケイシュン」となり「ケイ」の部分が強い。ちなみに「tion」という文字列が出てきたら“その前にある母音にアクセント”と覚えておきましょう。


例)
station → 「ta」の「a」にアクセント


答え:




4.al-ways
  ア イ


発音「オールウェイズ」となり「オー」の部分が強い。


正解:




5.um-bre-lla
  ア  イ  ウ


発音「アンブレーラ」となり「レー」が強い。


正解:


スポンサードリンク


LINEで送る