How many と How much 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

How many と How much

前回の復習

複数形でよく使われる単語
some:肯定文で使われる。 「いくつかの」という意味。 ※日本語に訳さないことが多い。
any :主に否定文と疑問文で使われる。 否定文: 一つも〜ない 疑問文: いくつかの ※疑問文のときは日本語に訳さないことが多い。
「many」と「much」と「a lot of」の使い分け

次の3つの単語はどれも「たくさんの」という意味になるが、使えるときに注意。

  • many:後ろに数えられる名詞がくるとき。 例) many students (たくさんの生徒達)
  • much:後ろに数えられない名詞がくるとき。 例) much water (たくさんの水)
  • a lot of数えられる名詞でも数えられない名詞でも使える。 例 )a lot of students (たくさんの生徒達) a lot of water (たくさんの水)

How manyとHow much

先生久美ちゃんこんにちは。前回までで複数形の話を2回にわたって解説してきたけど、今回が最後になるよ。

生徒はい、よろしくお願いします。

先生今回は疑問文で使われる疑問詞を2つ紹介します。1つ目はHow many

これはいくつという意味で、数を尋ねるときに使う言い方 なんだ。そしてもう一つはHow much

これはいくらといって代表的なのが「値段を尋ねるとき」だけど、使えるのはそれだけではないんだよ。

順番に説明していくよ。まずはHow manyから説明していこう。

How manyとは

「How many + 複数名詞」 (いくつの 〜)
  • How many books do you have ? (あなたは何冊のを持っていますか)
  • How many CDs do you have ? (あなたは何枚のCDを持っていますか)
  • How many apples do you want? (あなたは何個のりんごがほしいですか)

このように「How many」の後ろには複数形の名詞が続くことに注意が必要だよ。そして、この質問に答えるには「Yes/No」ではおかしいよね。

生徒そうですね。「いくつ持っていますか」→「はい」では変ですよ。

先生そうだよね。だからこの場合は次のように答えるよ。


  • How many books do you have ? (あなたは何冊の本を持っていますか)      ↓ I have fifty (books). (私は50冊持っています)

  • How many CDs do you have ? (あなたは何枚のCDを持っていますか)     ↓ I have one hundred (CDs). (私は100枚持っています)

  • How many apples do you want? (あなたは何個のりんごがほしいですか)     ↓ I want two (apples). (私は2つほしいです)

生徒分かりました。

もう一つの「How much」はどう使うのですか?

先生よし、それじゃあ次に「How much」の解説をしていこう。

How much とは

「How much + 数えられない名詞」 (どれくらいの量)
  • How much money do you have ? (あなたはいくらお金を持っていますか)
  • How much water do you want ? (あなたはどのくらいの水がほしいですか)

今度の「How much」は「どのくらいの量」という意味になって「How many」の場合とは何が違うかというと、

「後ろに数えられない名詞がくる」

ということなんだよ。以前に名詞には「数えられる名詞」と「数えられない名詞」というのがあると話したよね。

  • 数えられる名詞」が続くとき   → 「How many
  • 数えられない名詞」が続くとき → 「How much

と使い分けることになるよ。

また、数えられない名詞のときは複数形というのもなかったから「s」はつかないことにも注意してね。

さらにこの「How much」でも「Yes / No」では答えられないからね。


  • How much money do you have ?      ↓ I have two thousand yen. (私は2000円持っています)

  • How much water do you want ?      ↓ I want one litter. (私は1リットルほしいです)

このようになるよ。

生徒分かりました。

とにかく「数えられる名詞」の場合と「数えられない名詞」の時で使い分けるということですね。

先生そういうこと。それでは今回はここまでにしておこう。

生徒ありがとうございました。

今回のまとめ

今回は「How many」と「How much」の使い分けを解説しました。ポイントは次の点です。

How many + 複数名詞

How manyは後ろに数えられる名詞が続く場合に使えます。 また、「many」は複数を表す単語なので、後ろには複数形の単語をいれます。

答え方は下のように「Yes / No」は使いません。

例) How many CDs do you have ? (あなたは何枚のCDを持っていますか)      ↓ I have one hundred (CDs). (私は100枚持っています)

How much + 数えられない名詞

How muchは後ろに数えられない名詞が続く場合に使えます。 また、「数えられない名詞」には複数形の「s」はつきません。

答え方はHow manyと同じように「Yes / No」は使いません。

例) How much money do you have ? (あなたはいくらのお金を持っていますか)      ↓ I have two thousand yen. (私は2000円持っています)

スポンサードリンク


LINEで送る