比較(原級で作る「〜倍」の表現) 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

比較(原級で作る「〜倍」の表現)

前回の復習

Q:比較とは?

A:二つないし三つ以上のものを比べること。


Q:原級とは?

A:何かと何かを比べた結果「同じくらい」だった時の言い方。

 

「as 〜 as ・・・」という言い方を使う。


 例)I am as tall as you.

 

(私はあなたと同じくらいの身長です)


Q:原級の否定文の訳し方で注意するところは?

A:「not as 〜 as ・・・」で「・・・程〜ではない」と訳す。


 例)I am not as tall as you.

 

(私はあなた程背が高くない)


 ※「あなたと同じくらい背が高くない」とするとどちらが高いのかが不明だから。

比較の「〜倍」という表現

前回の原級の内容では「AとBは同じくらい」という場合のお話でした。今回はもう少しバリエーションを増やして「〜倍」という表現を勉強していきます。


<〜倍>

  • 2倍 → twice(トゥワイス)

  • 3倍 → three times

  • 4倍 → four times

  • 5倍 → five times
    同じように続く

この「〜times」という表現を使って英語では「〜倍」を表します。
但し「2倍」だけは通常「twice」という別の単語を使います。


長文なんかを読んでいると時々「two times」という表現もでてきます。しかし、テストではほとんど「twice」を書かせるような問題ですので、この言い方を覚えておいて下さい。


そして、この「〜times」を文のどこに入れたらいいのかということですが、これは「as 〜 as ・・・」の前に入れます。例文を見てください。



  • 例1)
    This house is twice as large as mine.

     

    (この家は私の家の2倍の大きさです)

ここでは「2倍」という「twice」が「as as」の最初の「as」の前に入っていますね。このように「〜倍」という表現は最初の「as」の前に入れると覚えておいて下さい。


それでは他の例文も見てみましょう。



  • 例2)
    This pen is four times as long as that one.
    (このペンはあのペンの4倍の長さです)

  • 例3)
    I am twice as old as you.
    (私はあなたの2倍の年令です)

  • 例4)
    My car is three times as expensive as yours.
    (私の車はあなたの車の3倍高いです)

今回のまとめ

<原級の「〜倍」の言い方>

形 :〜times


※「〜」には数字が入る。

「2倍」は「twice」という別の言い方がある。



  • 例1)
    This house is twice as large as mine.
    (この家は私の家の2倍の大きさです)

  • 例2)

    This pen is four times as long as that one.
    (このペンはあのペンの4倍の長さです)


  • 例3)
    I am twice as old as you.
    (私はあなたの2倍の年令です)

  • 例4)
    My car is three times as expensive as yours.
    (私の車はあなたの車の3倍高いです

スポンサードリンク


LINEで送る