やる気をだすために 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

やる気がまったく出な〜い!!

やる気がでない

 

勉強を続けていこうとしてもどうしてもやる気がでないことはよくあることですね。

 

そんなときはどうしていますか?

 

人によって効果的な方法は違いますが、

 

「結果が目に見えるようにする」

 

というのも一つの方法です。
大人がダイエットに挑戦したりするときもそうですが、努力の結果が目に見えてでてくると楽しくなって続くものです。

 

逆に本人としてはまいにち一生懸命がんばっているのに変化が見られないと途中で諦めてしまいます。

 

勉強も全く同じです。

 

苦手な教科の勉強をしていくというのは最初は苦痛以外の何ものでもないと思います。

 

でもそんなときにやっただけの効果が実感できたらどうでしょう?
楽しくなってきますよね。

 

英語の勉強なら、決めた範囲の単語を覚える練習をして、その範囲のテストを自分で作ってといてみるとか、

 

単元(文法)ごとに分かれている簡単な問題集を買って、一つの文法を勉強した後にそこに該当する問題をといてたくさん丸がつくことで自信をつけるというのもよいです。

 

まずは英語が全くダメという場合、「自分は英語は無理」と思ってしまっている場合が多いですから、そうではないと自分にいいきかせるためにも簡単な問題集で練習して、自信をつけていくとよいでしょう。

 

簡単というのは大体10問といたら6問くらいは丸がつき、4問くらいは間違えるようなレベルです。

 

そして残りのうち2〜3問も解答解説を読めば理解ができるようなレベルがちょうどよいでしょう。

 

そうすることによってその教科を勉強していくことが楽しくなってきて、机に向かうことが苦ではなくなるので、気づいたら定期的に勉強をする習慣がついて徐々に成績が上がってくるようになります。

 

ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク


LINEで送る