英検は長文読解とリスニングの練習に最適 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

中学英語に最適な英検を利用しない手はない!

長文読解とリスニングの練習に最適な英検

 

英検という試験をご存知ですね。

 

英検の勉強はとってもいい勉強になります。学年相応の級というのがあります。

 

  • 中1「5級」
  • 中2「4級」
  • 中3「3級」

 

です。しかし英検はマークシート方式(記号を選んで塗りつぶす)なので単語が書ける必要がありませんし、満点でなくても合格します。

 

ですから実際には上の基準よりも高い級に受かる人もたくさんいます。

 

英検は入試にも利用できるので中3の10月の試験までに最低でも3級はとっておきたいのですが、その級をもっていると入試に利用できるという意味だけでなく、英検の勉強は純粋に英語の勉強に役立つのでどんどんチャレンジしてもらいたいのです。

 

特に「長文読解」「リスニング」はいいですよ。

 

長文読解は的を押さえて必要なことを短時間で読み取る練習に最適ですし、リスニングもよい耳の練習になります。

 

英検のリスニング教材を使って、

 

  • 1.最初は通常通りに解く。
  • 2.どんな内容を話していたのかスクリプト(英語の内容)を確認する。
  • 3.もう一度何も見ないで聞く。そのときにできるだけ細かく聞き取れることと、聞いた瞬間に内容が理解できるようになることを意識する。

 

一度問題を解いておしまいにするのではなく、せっかくリスニングの教材を購入したのであれば、このように何度も使っていくと力がつきますので参考にしてみてください。

 

長文読解とリスニングの力はすぐにはつかないので早めに取り組んでいった方がよいです。

スポンサードリンク


LINEで送る