比較(比較級のerのつけ方) 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

前回の復習

Q:「〜倍」という言い方はどんな言い方か?

A:「〜times」


  例)  

three times(3倍)

 

four times (4倍)など


Q:「2倍」は何というか?

A:「twice」


Q:この表現は文のどこに入れるのか?

A:「as 〜 as …」の最初の「as」の前

比較級とは?

さて、前回の「原級」では「AはBと同じくらい〜」という内容を表すものでした。

今回は2つ目の内容で「比較級」になります。


この「比較級」とは「AはBよりも〜」という内容を表すものになります。まずは日本語で例を挙げてみましょう。

<比較級の例文>

  • 私はあなたよりも背が高い。

  • 私の母は私よりも早く起きます。

  • この花はあの花よりも美しい。

  • 日本では野球がサッカーよりも人気があります。


このように、AとBを比べたら「AはBよりも〜」という意味になる表現を英語では「比較級」を使って表します。それでは次に英語ではどうなるのかを見ていきましょう。

比較級の文

比較級を英語では次のように表します。


<比較級>

  • 「〜er than …」
    (…より〜)


前回の原級と同じで「〜」の部分には形容詞や副詞が入ります。
上の例文でいえば「背が高い」「早く」「美しい」「人気がある」になります。


また後ろの「…」の部分には比べる相手がきます。上の例文では「あなた」「私」「あの花」「サッカー」です。


それでは上で挙げた例文を使って実際に英文を作ってみましょう。


<比較級の文>



  • 1 私はあなたよりも背が高い。

     

    →I am taller than you.


  • 2 私の母は私よりも早く起きます。

     

    →My mother gets up earlier than I.

これら2つの文を見てください。


1番の文は背が高い「tall」が「taller」となっていますね。
このように比較級では形容詞や副詞の後ろに「er」をつけるのが原則になります。


そしてその後ろには「than」という単語が来ます。これは「〜より」という意味になります。もう少し文を詳しく見ていくと、


1番

「I am taller / than you.」


   ↓


「I am taller」(私は背が高い)

than you」(あなたより


   ↓


「私はあなたより背が高い」


2番

「My mother gets up / earlier than I.」


   ↓


「My mother gets up earlier」(私の母は早く起きます)

than I」(私よりも)


   ↓


「私の母は私よりも早く起きます」


となります。


比較級のerのつけ方


ここで一つ覚えてもらいたいことがあります。
それは「比較級の作り方」です。


比較級という呼び方はこの「〜er」になる形のことを、そう呼んでいます。そしてこの「er」ですが、実はいくつかつけ方にパターンがあります。


全てそのままつけるだけなら面倒くさくないのですけどね(>_<)
少し我慢してパッと覚えてしまってください。


<比較級のerのつけ方>

 

1.そのままerをつける。
  
tall → tall
er

 

.eで終わるときはrだけをつける。
   large → larger

 

3.「子音字+y」で終わるときはyをiに変えてerをつける。
  busy → busier

 

.「短母音+子音字」で終わるときは最後の子音字を重ねてerをつける。
  big → bigger


このようなルールがあります。どこかで見たことがあるような表現があると思いませんか?


そうです。


中学1年生に出てきた「三人称単数のs」「複数形のs」「進行形」中学2年生に出てきた「過去形のed」をつけるときのルールでも同じようなものが出てきましたね。


このあたりは一度きちんとまとめて、頭の中を整理する必要があります。


このメルマガでもそれはまた別の機会にしていきたいと思いますが、ここでは話を続けます。上の例文で出てきた「earlier」も3番の決まりです。


一つだけ注意点を話しておきます。上の「big」です。
この単語の発音はもちろん知っていますよね。「ビッグ」です。


しかし、この比較級「bigger」の発音に注意をしてください。
これは「ビガー」となります。「ビッガー」ではないですよ。


小さい「ツ」は入らないように発音をするので注意が必要です。
最後に例文をまとめておきますので確認してください。


<比較級の例文>



  • 1.This river is longer than that one.

     

    (この川はあの川よりも長い)
    ※「one」は前の「river」を繰り返さないための代名詞です。
    ※ここでは「長い」としていますが「長いです」としてもOK.


  • 2.My house is larger than yours.

     

    (私の家はあなたの家よりも大きい)
    ※「あなたの家」は「yours」と表し「your house」とはしません。


  • 3.That mountain is higher than this one.

     

    (あの山はこの山よりも高い)


  • 4.Question1 is easier than Question2.

     

    (質問1は質問2よりも簡単です)

スポンサードリンク


LINEで送る