英語理解 基礎の基礎

スポンサードリンク




LINEで送る

これが英語を理解する基礎!

ここでは中学英語を理解するときにつまづき易いところや、気づいていない人が多い基本的な内容をまとめてみました。

 

ここで紹介する内容を理解してからその他の中学英語の勉強に進んでいくようにすると分かりやすいでしょう。

スポンサードリンク


LINEで送る

英語理解の基礎の基礎記事一覧

(問題)次のカッコに適切な語を入れて文を完成させなさい。(現在形の文として)1.(   ) you a teacher?2.(   ) you play tennis?この問題は簡単な文ですが、違いが説明できない人がたくさんいます。そしてこの違いが分かっていないといつまでも英語の理解が進まなくなってしまいます。この問題の正解は1が「Are」2が「Do」になります。では「Are you〜?」も「Do...

このページの説明はbe動詞の文と一般動詞の文の違いを理解するの続きになります。まずはこちらで内容を確認してから下の説明に進んでください。2番にDoが入る理由ここまでが理解できれば次も分かるでしょう。2番の文は「(   ) you play tennis?」となっています。この文の中に動詞はありますか?「you」→「あなたは」→「動詞ではない(名詞)」「play」→「する」→「動詞」「tennis」...

さて、be動詞の文と一般動詞の文を理解するbe動詞の文と一般動詞の文を理解する part2を読んで理解できましたか?まだの人は確認してからこちらに進んでください。動詞の種類ではここで動詞って何なのかを確認しておきましょう。動詞とは読んで字のごとく「動作を表す詞(ことば)」だと思いますよね。しかし、ここには落とし穴があります。それは「go(行く)」や「swim(泳ぐ)」のように動きを表す動詞「一般動...

動詞の種類は理解できましたか?まだの人は動詞って何?をどうぞ。「動詞って何?」のところで「be動詞」という動詞は理解していると思います。ですからここでは「be動詞の文」の肯定文・否定文・疑問文のつくり方についてそれぞれ解説していきます。<be動詞の文>@「肯定文」be動詞の文の肯定文は次のようなものです。例文1 I am a Japanese boy.  「私は日本人の少年です」2 He is m...

A「否定文」「be動詞の文」の否定文のつくり方『be動詞 + not』例文1 I am not a Japanese boy.「私は日本人の少年ではありません」2 He is not my friend.「彼は私の友達ではありません」3 You are not from Canada.「あなたはカナダの出身ではありません」4 Tom is not playing tennis now.「トムは今テ...