be動詞のルール

スポンサードリンク




LINEで送る

be動詞の文のルールを理解しよう

動詞の種類は理解できましたか?
まだの人は動詞って何?をどうぞ。

 

「動詞って何?」のところで「be動詞」という動詞は理解していると思います。ですからここでは「be動詞の文」の肯定文・否定文・疑問文のつくり方についてそれぞれ解説していきます。

 

<be動詞の文>

 

@「肯定文」

be動詞の文の肯定文は次のようなものです。

 

例文
1 I am a Japanese boy.
  「私は日本人の少年です」

 

2 He is my friend.
  「彼は私の友達です」 

 

3 You are from Canada.
  「あなたはカナダの出身です」

 

4 Tom is playing tennis now.
  「トムは今テニスをしています」

 

5 Jane was listening to the radio.
  「ジェーンはラジオを聴いていました」

 

6 There were lots of people in the park.
  「公園にたくさんの人がいました」

 

7 He is as tall as my father.
  「彼は私のお父さんと同じくらいの身長です」

 

8 The machine was made in Japan.
  「その機械は日本製です」
*8の文は過去形ですが「日本製」で「日本で作られた」という意味が入るので「日本製でした」とは訳しません。

 

これらの例文をみてもらうと分かりますが、中1で習う内容だけでなく中2・中3の内容もあります。このようにひとことで「be動詞の文」といってもその種類はいろいろあります。

 

そして、これからお話しする否定文や疑問文の作り方は「be動詞の文」であればどれにでも当てはまるのです。

 

ここは大切なのでもう一度いいますが、「be動詞」が入っている「be動詞の文」なら、どんな文にでも共通のルールなのです。

 

一つ一つ「現在進行形の否定文の作り方」「受動態の否定文のつくり方」「比較の否定文のつくり方」などと考える必要はないのです

 

よろしいですね?
ここまでが理解できたら次にbe動詞の文の否定文に進んでいきましょう。

 

スポンサードリンク


LINEで送る