You areの否定文 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

You areの否定文

今回は「You are.の文」の解説をしていきます。

その前に前回の復習からしておきましょう。

前回の復習

<You are の文>

You are 〜.   (あなたは〜です)

例) You are a teacher.    (あなたは先生ですYou are my friend.    (あなたは私の友達です

<be動詞の使い分け>

主語によって使い分ける

「I」   → 「am」 「You」 → 「are」

You are 〜.の否定文

先生久美ちゃん、こんにちは。

前回は「You are 〜.」という形の文を練習したけども覚えて いるかな?

生徒はい、大丈夫です。

先生今回はその文の否定文を解説していきたいんだけど、否定文というのは以前に勉強した「I am 〜.」の文でもでてきたよね。

例えば、次の文を否定文にしたらどうなったかな?

I am a student. (私は学生です)

生徒はい、amの後ろにnotを入れればいいのでしたから

I am not a student. (私は学生ではありません

となります。

先生そうだよね。今いっていたけど、否定文を作る時には「be動詞の後ろにnotを入れる」というルールだったよね。

今回の「You are 〜.」の文でも同じように考えればいいんだよ。前回お話した「be動詞」だけど

「I」   → 「am」 「You」 → 「are」

というように使い分けたでしょう。このような使い分けはあったけど、どちらにしても「〜です」という意味になる「am」や「are」の後ろに「not」を入れてあげればいいんだよ。

それでは、そのことを考えて次の文を否定文に書きかえてごらん。

You are a teacher. (あなたは先生です) You are my friend. (あなたは私の友達です) You are Ken.     (あなたは健です)

生徒はい。

You are a teacher.   (あなたは先生です)      ↓ You are not a teacher. (あなたは先生ではありません

You are my friend.    (あなたは私の友達です)     ↓ You are not my friend. (あなたは私の友達ではありません)

You are Ken       (あなたは健です)     ↓ You are not Ken.    (あなたは健ではありません

なんかどれも変な意味になっている気がするのですが、これで大丈夫ですか?(笑)

先生うん、確かに意味がね(笑)

ただ、作り方と訳し方はそれで大丈夫だよ。

このように「You are 〜.」の文も否定文にするときのルールは「I am 〜.」の文のときと同じで「be動詞の後ろにnotを入れる」とどちらも同じルールと覚えておけば大丈夫だからね。

それからこの「are not」にも短縮形があるんだよ。最後にそれを紹介して終わりにしよう。

「are not」 → 「aren't」(アーントゥ)

上の文もこの短縮形を使うと、それぞれ

You aren't a teacher. You aren't my friend. You aren't Ken.

となるよ。

生徒はい分かりました。ありがとうございました。

今回のポイント

今回は「You are 〜.」の否定文という内容でした。 否定文というのは「〜ではありません」という意味になる文のこと で、「I am 〜.」の文のときにもありました。

ここでのポイントは上でも解説しましたが次の点になります。

<ポイント>

 否定文の作り方 「be動詞の後ろにnotを入れる」

* be動詞というのは「am」「are」 をまとめた言い方のこと。

例) You are a teacher.   (あなたは先生です)      ↓ You are not a teacher. (あなたは先生ではありません

<短縮形> 「are not」 → 「aren't」 (アーントゥ)

例) You aren't a teacher.

スポンサードリンク


LINEで送る