感嘆文(How と What の書きかえ問題) 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

感嘆文(How と What の書きかえ問題)

前回の復習

<感嘆文>
  • 〔どんなときに使うのか〕

    → 
    「驚いたり、感動したとき」


  • 〔形〕
    → 
    「How + 形容詞または副詞 + 主語 + 動詞!」
    → 
    「What + (a,an) + 形容詞 + 名詞 + 主語 + 動詞!」

  • 〔訳し方〕
    → 
    「なんて〜なんだろう」


※特徴は英文の最後に「」がつくこと。


例1)

  • He is very tall.

    (彼はとても背が高い)

  ↓

How tall he is!

(彼はなんて背が高いのだろう)

例2)

  • Tomoko can run very fast.

    (トモコはとても速く走れる)

   ↓

「How fast Tomoko can run!」

(トモコはなんて速く走れるのだろう)

感嘆文(HowとWhatの書きかえ)

前回の感嘆文では基本的な作り方を説明しました。

今回はその応用編を解説していきます。

<How と What を書きかえる>

ここでは「How」で書いた感嘆文と「What」で書いた感嘆文を書きかえていきます。次の問題を見てください。

(問題)

次の2つの文が同じ意味になるようにカッコに適語を入れなさい。 
How beautiful this flower is!
=What (   ) (   ) (   ) this is!


ここでもう一度感嘆文の基本的な形を確認しておきます。


<感嘆文の形>

  • 「How + 形容詞または副詞 + 主語 + 動詞!」
  • 「What + (a,an) + 形容詞 + 名詞 + 主語 + 動詞!」

特徴は

  • Howで始まる時は形容詞以外に「副詞」もある。
  • Whatで始まる時は「a, an」が入るときがある。
  • Whatで始まる時は“名詞”が入る。

この中で、最後の「Whatで始まる時は“名詞”が入る」というのが最大の特徴であり、大切なところになります。では問題に戻ってみましょう。
最初の「How beautiful this flower is!」は「この花はなんて美しいのでしょう」という意味です。文を分解すると、
「How beautiful」 → 「なんて美しいのでしょう」

「this flower is!」 → 「この花は」(主語+動詞)


となっています。次に下の文です。

「What (   ) (   ) (   ) this is!」

最後が「this is!」となっているので「これは〜です」という意味になることが分かります。
しかもWhatで始まる時の最大の特徴である“名詞”を入れないといけません。どうやって考えたらよいでしょうか?
次のように考えていきます。

この花はなんて美しいのでしょう」

   ↓

これはなんて美しいなんでしょう」


   ↓


(ポイント)

Howで「この花は」となっていた主語をWhatでは「これは」という主語と「花」という“名詞”に分解する。


   ↓


「What a beautiful flower this is!」

             名詞 主語


正解:What ( a ) ( beautiful ) ( flower ) this is!


このようにHowで書いてある感嘆文をWhatを使って書きかえることができるのですが、常にできるわけではありません。このような書きかえができるのは、


「主語に「this, that, these, those」が使われている場合」


です。具体的には



  • 1.How beautiful this flower is!

  • 2.How interesting that book is!

  • 3.How big these houses are!

  • 4.How easy those questions are!

などです。これらの文は全て「What」を使って書きかえることができます。


1番はさっきの例文なので、2番からやってみます。



  • 2. How interesting that book is!

     

    =What an interesting book that is!

     

    あれはなんて面白いなんでしょう)

「How」の文で「that book」となって主語として使われていた部分を「What」の文では「that」は主語、「book」は“名詞”として使うのがポイントです。


それから見落としがちなのが、「an」です。
ここでは後ろに「interesting」という母音で始まる単語が続きますので注意してください。他にも


「easy」「old」などが使われている時は同じように気をつけましょう。



  • 3. How big these houses are!

     

    =What big houses these are!

     

    (これらはなんて大きな家なんでしょう)

これも「How」で使われていた「these houses」という主語を、「What」の文では「these」を主語、「houses」を“名詞”として使っています。


また、ここでは複数なので、「a, an」は使いません。



  • 4. How easy those questions are!

     

    =What easy questions those are!

     

    (あれらはなんて簡単な質問なんだろう)

これも同じですね。「How」で使われていた「those questions」という主語を、「What」では「those」を主語、「questions」を“名詞”としています。


また、2番で「easy」が出た場合は母音で始まるので注意が必要といいましたが、この問題では名詞が複数なので、そもそも「1つの」という意味の「a, an」は入らないので気にしなくて大丈夫です。


今回のまとめ


今回は感嘆文の「How」と「What」を同じ意味に書きかえる場合の解説をしました。


ポイントは次の点です。


<感嘆文のHowとWhatを書きかえられる場合>

「主語に「this, that, these, those」が使われている場合」


例)How beautiful this flower is!

 

              主語  動詞


Whatで書く時には「名詞」が必要。

Howの文の主語から「名詞」をとり出す。


      ↓


What a beautiful flower this is!

            名詞 主語 動詞


スポンサードリンク


LINEで送る