be動詞 一般動詞 違いを理解

スポンサードリンク




LINEで送る

be動詞の文と一般動詞の文の違いがこれで分かるでしょう!

このページの説明はbe動詞の文と一般動詞の文の違いを理解するの続きになります。

まずはこちらで内容を確認してから下の説明に進んでください。

 

2番にDoが入る理由

 

ここまでが理解できれば次も分かるでしょう。

 

2番の文は「(   ) you play tennis?」となっています。
この文の中に動詞はありますか?

 

「you」→「あなたは」→「動詞ではない(名詞)」


「play」→「する」→「動詞


「tennis」→「テニス」→「動詞ではない(名詞)」

 

そうです。

この文には「play」という一般動詞が入っています。

 

それなのにもしも「Are」を入れてしまったら、「Are(be動詞)」と「play(一般動詞)」で動詞が2つ入ることになります。

 

何度もしつこいですが、「動詞が必ず1つだけ入る」ということは2つ入ってしまったら多すぎです(笑)

 

だから2番では「Do」が入らないといけないのです。

逆の答えがダメな理由

ここまでを理解できれば1と2の答えが逆になったらいけない理由が分かるでしょう。

もしも逆の答えを入れたとしたらこんな文になってしまいます。

 

変な文1:
  
Do you a student?



ここに「Do」が入るとこの文に動詞が一つも入っていないことになる。

(ここで使っている「Do」は動詞ではありません)

 

変な文2:

Are you have a book?

↑    ↑

be動詞 一般動詞

動詞が2つ入っている。

こういう間違いは多いです。

 

これで理解できましたか?

実際に生徒に解いてもらうとこういう間違いが非常に多いです。しっかり理解し、覚えておきましょう!

まとめ

  • 英語の文を作る原則は「動詞が必ず1つだけ入る」
  • 「Do you a teacher?」←これでは動詞が0個だから×
  • 「Are you play tennis?」←これでは動詞が2個だから×

 

次は「動詞って何?」

スポンサードリンク


LINEで送る