He(She) is の否定文 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

He(She) is の否定文

ここではHe(She) isの文で説明した文を否定文にする方法を説明していきます。

前回の復習

1 英語では同じ言葉をくり返すことを嫌うので代名詞を使う。
2「彼は」 →「He」  「彼女は」→「She」
3「彼は〜です」 →「He is 〜」   「彼女は〜です」→「She is 〜」

He is, She is の否定文

先生久美ちゃんこんにちは。

前回は「He is 〜.」「She is 〜.」という言い方を勉強したね。

その中で英語ではくり返し同じ言葉を使わないというのがあって、お母さんのことを彼女と呼んだり、お父さんのことを彼と呼んだりするというお話をしたけども覚えているかな。

生徒はい、まだ違和感がありますけど理解できました。

先生よし、それじゃ今回はその否定文を解説していこう。

これまで英語の否定文を解説してきたけど、共通点があったよね。

生徒たしか「be動詞の後ろにnotをつける」ということでしたよね。

先生そう、「This is の否定文」のところでも話したね。

「〜です」という意味の単語「is, am, are」を「be動詞」と言って、その後ろに「not」を入れてあげれば否定文ができるということだったね。

生徒はい、覚えています。もしかして…

先生そう、今回の場合も同じ「is」というbe動詞を使っているよね。

だから考え方は同じなんだよ。

生徒じゃあ今回はもう終了ですね。

先生まぁ、それでは早すぎるからちょっと練習をしてみよう。

練習問題

先生では次の文を否定文にして、意味も考えてみようか。

  • 1.He is a junior high school student.
  • 2.She is my English teacher.

生徒はい、1番は

He is not a junior high school student. (彼は中学生ではありません

2番は

She is not my English teacher. (彼女は私の英語の先生ではありません

先生よしその通り。

他にも短縮形を確認しておこう。これもこれまでに出てきたものだから分かると思うけど、

  • He's = He is
  • She's = She is
  • isn't = is not

1.  He is not a junior high school student. =He's not a junior high school student. =He isn't a junior high school student.

2.  She is not my English teacher. =She's not my English teacher. =She isn't my English teacher.

生徒なるほど、上のどれも同じ意味になるんですね。

先生そう、今回はここまでにしておこう。

生徒ありがとうございました。

今回のまとめ

今回はHe(She) is 〜.の文の否定文を解説しました。ポイントは以下の通りです。

今回のポイント

否定文の作り方:be動詞の後ろにnotを入れる

短縮形:

  • He's = He is
  • She's = She is
  • isn't = is not
スポンサードリンク


LINEで送る