中2の総復習 part4(下線部をたずねる疑問文 その2) 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

中2の総復習 part4(下線部をたずねる疑問文 その2)

中2の総復習 part4 下線部をたずねる疑問文 その2

前回は「下線部をたずねる疑問文」を解説して基本的な場合の確認をしました。今回はその応用パターンを問題を通して解説していきます。

問題

次の下線部をたずねる文を答えなさい。

 

(1) I was watching TV after dinner.
(2) I was watching TV after dinner.
(3) I was watching TV after dinner.

 

下線部が分かりやすいように色を変えてあります。

解答・解説

前回お話したことはもう大丈夫ですか?

前回は下線部をたずねる問題の基本をお話しました。その部分だけをもう一度確認してください。

<下線部をたずねる疑問文のとき方(基本)>

 

1.下線部を適切な疑問詞に変える。
2.下線部を消し、残った文を疑問文に変えて後ろに続ける。


今回は、前回の考え方をふまえつつといていきます。

まずは(1)ですが、これは前回と同じパターンです。まずはこの問題で基本の確認をしましょう。


(1) I was watching TV after dinner.
下線部 →「after dinner」→「夕食後」→「いつ」→「When」

残った文 →「I was watching TV」→「疑問文にして続ける」


   ↓
「When were you watching TV?」

(あなたはいつテレビを見ていましたか)


ここでは「were you」となることも問題ないですよね?答える人が「I was 〜」(私は〜でした)と答えているのですから質問する人は「あなたは〜」となっていないといけなかったということも前回お話しました。

正解:When were you watching TV?


(2) I was watching TV after dinner.

さて、(1)は前回お話した内容と同じなので問題なかったと思います。それでは次の問題を見てください。今度は下線が違う場所にひかれています。
「was watching TV」(テレビを見ていました)という部分に引いてあります。
このパターンの問題がテストではよく出されますが、結構みんな間違えます。ですからぜひここでマスターしてしまいましょう。この問題は次のように考えます。
「テレビを見ていました」に下線。
  


「何をしていましたか」と質問しているはず。

  ↓


「What were you doing after dinner?」


(注意)



  • 質問者は「あなたは」と言っているはずなので「you」にする。

  • 「watching」という単語は使わずに「doing」にする。これは「テレビを見ていた」という部分に下線が引いてあるのだから「何を見ていた」とするのはおかしいから。

「注意」にある下の解説の意味が分かりますか?
この部分を誤解して間違える人が多いです。下の2つの問題の違いを比べてください。


1.I was watching TV after dinner.

 

2.I was watching TV after dinner.


1番は今の問題です。
2番は下線が「TV」にだけ引いてありますね。


2番のように下線が引いてあるのであれば、「テレビ」を「何」に変えて「何を見ていましたか」とすればよいです。つまり


「What were you watching after dinner?」


というように「watching」を使うことになります。しつこいですが、「TV」にだけ下線が引いてあるということは、何かを見ていたことは分かっているけど、何を見ていたのかが分からないということだからです。


ところが、1番のように「was watching TV」という部分全体に下線が引いてある場合は違ってきます。「テレビを見ていた」ということが分からないのですから、もしも「何を見ていた?」としてしまうと、何かを見ていたことだけは分かっていたことになり、下線が引いてある部分と矛盾してしまいます。


ですから今回のように動詞にも下線が引いてある場合には「何をしていたのですか」という文を作る必要があるのです。分かりますか?


そして、最後にもう一つだけ。
よく「何をしていましたか」というときの動詞は「play」ではだめですか?という質問を受けます。


これに対する答えは「ダメ」です。


「play」という動詞は後ろに「スポーツ名」や「楽器」がくる場合に使います。


また、そのような単語が特にない場合に使うと「遊ぶ」という意味になりますので、やはり文全体はおかしな意味になってしまいます。


単に「〜をする」というときにはここでつかっているように「do」を使いましょう。


正解:What were you doing after dinner?

(3) I was watching TV after dinner.

いや〜、(2)でみんな力尽きてしまったかな?最後の問題です。


今度も文自体は同じですが、下線部分が違います。今度は主語に下線が引いてあります。この問題は簡単です。


下線部分の主語を「Who」に変えて、最後にクエスチョンマークをつければ終わりです。


「Who was watching TV after dinner?」

(だれが夕食後テレビを見ていましたか)


となります。
ただ一つだけ注意点を加えておきます。


ここで使われている疑問詞「Who」は、この文の主語になっています。


疑問詞が主語になる場合、この主語は「三人称単数扱いになる」というルールがあります。ですから、次のような問題の場合には注意が必要です。


Ken and I were watching TV after dinner.


   ↓


Who was watching TV after dinner?


分かりますか?
たとえ下線部の主語が複数だとしても、「Who」は三人称単数扱いになるので、動詞は「was」になるということです。


問題文の「were」に惑わされて「Who were 〜?」なんてしてしまうと間違いですから気をつけてください。


正解:Who was watching TV after dinner?


スポンサードリンク


LINEで送る