過去分詞の使い方 中学英語の勉強法

スポンサードリンク




LINEで送る

過去分詞の使い方

前回の復習

<現在分詞>
  • 形 : 〜ing
  • 意味: 〜している

例)

  • the flying bird

    飛んでいる鳥


  • the bird flying in the sky
    空を飛んでいる鳥


<分詞の後置修飾>

名詞を修飾する言葉が分詞以外にもあるときには日本語と逆の語順になる。

名詞 + 分詞 + その他の言葉

例)

  • the man playing soccer

    サッカーをしている男の人


<分詞を使った文>

分詞を使った表現を使って文を作る。

例)

  • Look at / the swimming girl.

    (その泳いでいる少女を / 見て)

  • The girl reading a book in the room / is my sister.

    (部屋で本を読んでいる少女は / 私の姉妹です)

過去分詞とは

先生前回は「現在分詞」の解説をしたんだけど、覚えているかな?
生徒はい、大丈夫です。
先生今回はその続きの「過去分詞」の勉強をしていくよ。
分詞というのは前回話したように現在分詞過去分詞の2種類があるからね。
過去分詞といったら、以前に「受動態」や「現在完了」で出てきたよね。あの場合は

  • 受動態: be動詞 + 過去分詞
  • 現在完了: have(has)+ 過去分詞

というように何かとセットで使うという場合で出てきたよね。今回は前回の現在分詞と同じような使い方の過去分詞バージョンという解説をしていくよ。
生徒はいお願いします。
先生まずは前回の現在分詞で、

  • 飛んでいる

    → the flying bird

  • 空を飛んでいる

    → the bird flying in the sky

という使い分けがあったよね。
生徒はいありました。
「飛んでいる」という現在分詞だけで「bird」を修飾している場合は日本語と同じ順番で単語を並べていくんですけど、
「空を飛んでいる」という言葉が「bird」を修飾するように現在分詞だけでなく、その他の言葉も加わっている場合は日本語と逆になって、最初に「the bird」がきて、その後ろから分詞で修飾するんですよね。
先生そうそう。それが一番大切だって話したところだよね。その決まりは今回の過去分詞でもまったく同じだよ。
まず過去分詞の確認だけど、規則動詞と不規則動詞では違っていたね。

  • 規則動詞 : 〜ed

    liked, looked, loved, played など

  • 不規則動詞: 単語による

    broken, seen, grown, written など

これらの過去分詞を前回の現在分詞と同じルールで使い分けていくことになるよ。次の例をみてくれる。

  • the broken chair → こわれたイス (こわされたイス)

これは「broken」という過去分詞だけで「chair」という名詞を修飾しているパターンだから、日本語と同じ順番に並んでいるよね。
the broken / chair

 

こわれた / イス


次のこれも同じでしょう?
the boiled egg  ゆで卵(ゆでられた卵)

 


the boiled / egg

 

ゆでた  / 卵


生徒はい、過去分詞だけで名詞を修飾しているときは日本語と同じ順番になるということですね。
先生そう。では次も前回の内容を思い出しながら考えてほしいんだけど、

  • the chair broken by Ken → 健によってこわされたイス

これはこんな感じに分解できるよね。

the chair / broken by Ken 

イス  / 健によってこわされた


この場合は「chair」を「過去分詞以外の言葉」も加わって修飾している場合なので、日本語と逆の順番になっているんだね。
生徒前回と同じですね。
先生そう、前回と同じだよ。それじゃ少し練習をしてみよう。

 

(練習)

1.エミによってとられた写真
2.コウジによって書かれた本


この2つを英語で言ってみよう。
生徒はい。

  • 1.エミによってとられた写真

これは「エミによってとられた / 写真」と分けられて「写真」という言葉を「エミによってとられた」が修飾していますよね。
だから日本語と逆になって

「写真 / エミによってとられた

という順番で説明しているので

「the picture / taken by Emi」

となります。
先生そうだね。もう一つはどうなるかな?
生徒はい。

2.コウジによって書かれた本

これも「コウジによって書かれた / 本」と分けられて「本」という言葉を「コウジによって書かれた」が修飾しているからやっぱり日本語と逆になって、

「  本    / コウジによって書かれた

       ↓
「the book / written by Koji」


になります。
先生よし、よくできた。では最後にそれらの表現を使った文を確認しておこう。

過去分詞を使った文
  • 1.This is the car made in Japan.

     

    (これは日本製のです)
    ※「日本で作られた車」とは訳さない。

  • 2.Look at that broken car.

     

    (あのこわれたを見なさい)
    ※「こわされた車」とは訳さない。

  • 3.That is the mountain covered with snow.

     

    (あれは雪でおおわれたです)

今回はここまでにしておこう。

次回は現在分詞と過去分詞の問題演習をしていくよ。


生徒はい、ありがとうございました。

今回のまとめ

今回は「過去分詞」という単元を解説しました。過去分詞というのは、受動態や現在完了でも出てきました。
しかし今回の使い方は前回の現在分詞と同じ使い方になります。

過去分詞
  • 規則動詞 : 〜ed

    liked, looked, loved, played など

  • 不規則動詞: 単語による

    broken, seen, grown, written など

分詞だけで修飾する場合

the broken / chair こわれた  / イス
the boiled / egg

  ゆでた  / 卵

分詞以外の言葉も加わって修飾する場合

the chair / broken by Ken

 

イス   / 健によってこわされた

the picture / taken by Emi

  写真    / エミによってとられた


スポンサードリンク


LINEで送る